ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティの過去は人気の映画。
そのボーンシリーズをシリーズ第4作目までを新しい順に比べてみました。

下に行くに従い、レオちゃまが幼くなって、可愛らしい(^^) まずは最新作。第4作目のジェイソン・ボーン。


第3作目のボーン・アルティメイタム


第2作目のボーン・スプレマシー


第1作目のボーン・アイデンティティ


こちらの作品(最新作は除く)は、字幕版、吹き替え版ともにHuluで視聴できます。
公式サイトはこちら




『ボーン』シリーズは、作家のロバート・ラドラムが創造した、心因性健忘に苦しむ[1]架空の元CIA暗殺者、ジェイソン・ボーンを主役としたスパイ映画である。脚本はそれぞれ、ラドラムの3冊の小説を原作としており、ジェイソン・ボーンを演じるのはマット・デイモンである。第1作『ボーン・アイデンティティー』(2002年)はダグ・リーマン、第2作『ボーン・スプレマシー』(2004年)と第3作『ボーン・アルティメイタム』(2007年)はポール・グリーングラスが監督し、第4作『ボーン・レガシー』 (2012年)はトニー・ギルロイが監督し、4作品すべての脚本にギルロイが参加している。本シリーズはCGIを用いたものが増えた近年のアクション映画とは対照的にリアリズムを重視していることで有名である。(参照元:wikipedia)